たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  小平市 小平市

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

取材ってやっぱり楽しい!

2011年12月21日

昨日、こんなに大好き!こだいら50選に応募するため、お気に入りの焼肉やさんにて取材をかねてのプチ忘年会にいってまいりました。

この写真は、USB付きのトイカメラで撮影。


ファインダーがないために、どんな図になってるかわからないのが残念。ホントにおもちゃの感覚ですが…。
さて、このプレート、なんで出来ていると思います?鉄ではなく、富士山の溶岩でできたプレートなんです♪マスターからいろんなお話をきくと、まー出てくるわ出てくるわ。ご一緒してた常連さんも知らないような裏話というか、お店の魅力がいっぱい!

私のやっている仕事は、クリエイティブワークのオールインワン、みたいなもので、地域の事業者さんにも手の届く価格で、チラシをはじめさまざまなツールを制作していますが、もとはコピーライター。

この仕事の面白さは、なんといってもクライアントさんからお話を伺い、その中から「魅力」を見出すこと。クライアントさん以上に、商品だったり、その企業だったりを「スキ」になること。
仕上がったコピーをみたときに、クライアントさんがあらためて「ジブンの会社はこんなに素晴らしかったんだ!」と喜んでいただく仕事を目指してきました。

まちの事業者さんでも、同じこと。よくよくお話を聞くと、キラキラ光るものがたくさんあります。
先日、参加した経済フォーラム(商工会)でのワークショップでもそうでした。クリーニング屋さん、床屋さん、靴の修理屋さん、酒屋さん…。どのお店も、ウズウズしてくるくらい「ウリ」があるんですよね。

ただ、まちの事業者さんには、それをカタチにするクリエイターがいない。私一人じゃ、どうにもならないけど、せめて事業者さんのキモチを明るくするきっかけづくりだけでも、やっていきたいな~というキモチが、昨日の取材でますます強くなりました。

50選をきっかけに、ジブンの身近なところでも新たな発見ができそうです。
  


  • Posted by lalala187 at 11:20Comments(4)こだいらLove

    3.11が教えてくれたものを振り返る

    2011年12月20日

    相変わらずブログネタはそこそこあるものの、整理がつかず更新が遅れがち。先輩たちがほんとに短くても、毎日、しっかり続けているのをみると尊敬してしまいます。

    今年も残すところ10日あまり。Xmas、お正月と楽しい時期ではありますが、被災された皆様には、あらためて心からお見舞い申し上げるとともに、ご遺族の皆様には心からおくやみ申し上げます。

    決して、忘れられない、忘れてはいけない、歴史にしっかりと残さなくちゃいけない災害。過去のものと、いちばんの違いを感じたのはSNSの存在でした。

    以前なら、大変だな…かわいそう…と思いつつも他人ごとだったのは否めませんでした。ネットでTwitterでリアルタイムで、いろんな声を聞きながら、感動に涙しこともあれば、逆にジブンまでどんどん苦しくなっていくこともありました。

    計画停電や買い占めパニックなど、いわゆる想定外の事態は、被災地ならずとも、わがまち小平でも起きました。また原発の問題にいたっては…。
    SNSを通じての非難中傷に、困惑の日々。せっかく、楽しさや便利さを感じたばかりだったのに、Twitterばなれのきかっけとなってしまいました。
    見てはいませんが、2ちゃんとかはもっとひどかったんでしょうね。

    匿名だからなのかな、言葉遣いにしても、ひどい。現場では必死に戦っている人がいるのに。その多くが被災地の人じゃないんですよね。しかも、にわか知識のしたり顔で非難。

    この頃の気持ちを吐き出すとキリがないので、ここまでにして…数ヶ月にわたって沈んでいたキモチを、少しずつ立ち直らせてくれたのは「facebook」でした。
    私はTwitterも実名ですが、facebookはみんな実名。ネット社会の本来あるべき姿がここにあるっ!そんなキモチにさせてくれました。

    と同時に、ここ一年でものすごい進化している、スマホやタブレット端末。震災前に取りざたされていた「無縁社会」の救世主であり、低迷している事業者さんたちの活性化にも役立つ道具。これからの、可能性。

    3.11という未曾有の悲劇は、人の強さとあたたかさを知ったのと同時に、愚かさも、たくさん露出されました。でも、それは、大切なことがわかったということ、解決すべきものが見えているということ。

    明日は、マイスタイルな夜で出会った方の「iPad体験講習会」に行ってきます。

    お世話になってるマイスタイルの代表の突っ走りぶりはもちろん、そこからつながり、facebookで知り合ったみなさんのがんばりに刺激され、成り行き任せからは卒業するときがやってきました。

    もう少し、みなさんからお勉強させていただきながら、ちゃんとしたお仲間になれるように頑張ります♪

    まずは…年内、仕事の予定も、忘年会などの予定も、まだまだ入っておりますが、笑顔で、元気で、今年の締めくくりができそうなことに感謝!!!

    そうそう、ちょっとシンドイときとかも、誰がみてるか、みてないかわからなくても、ツィートで吐き出すとラクになりますね。SNSのありがたさも取り戻せてよかったデス。^^  


  • Posted by lalala187 at 00:33Comments(0)雑記

    新宿アジア横丁

    2011年12月11日

    昨日、高校の同級生と年に一度の集まり。だいたい子育ても終わり、自分時間が作れるようになってきたのかな。
    あれから、30年以上も経っているのに、あの頃と変わらない空気感は、実に心地良いですね。

    また不思議なもんで、何十年経っても基本的なキャラって変わらない。相変わらず、私が場所の手配、仕切り役。遅刻するヒトも決まってる。去年は、多忙な私を気遣って、花小金井までみんな集まってくれたけど、今年は、みんなの集まりやすい場所ということで新宿に。

    ホットペッパーのiPadアプリから探して場所を決めました。

    新宿で6人程度の宴会場所なんてゴマンとあるし、とにかくみんなで顔をあわせておしゃべりできれば、どこでもいいわけで…。
    ふと目についたのが「東亜会館屋上」という場所。

    このビルで、高校時代の2年間バイトしていたにも関わらず、屋上にはいったことがありません。というのも…その当時は「ストリップビアガーデン」だったのデス。

    毎夜、毎夜、この呼び込みのアナウンスを聞きながら過ごしていたんですね~。今、その屋上が「天空の街~新宿アジア横丁」という名称で、屋台村風に、たくさんのお店がひしめいているといったカンジ。本当に、異国に来たような喧騒があって、ちょっとワクワク。お店のヒトも、アジア各国の方々。



    小平に来てから、活動エリアのほとんどが、市内と近隣。出たとしても、いわゆるフツウの料理屋さんか居酒屋さん。たまたまだったけど、昨夜は、ちょっと変わった雰囲気も楽しめてラッキーでした。

    高尾山のビアマウントもそうだったけど、非日常を体験できるロケーションだったり、コンセプトって、やっぱり魅力があるのかしら。
    居酒屋さん業界も、価格競争の様相を見せておりますが、それだけじゃダメなのかも。ココにくると、他にはない何かがある。オンリーワンがある。

    昨日の体験も、私がこれからやっていきたいコト、その方向性に新たなヒントをくれたような気がします。

    といういことで、ひとつひとつの時間を大切にしながら、来年の新しい「ラララこだいら」の展開に備えていきたい。振り返れば今年、たくさんの方から、元気と勇気をいただき、感謝、感謝。本当にありがとうございました~♪  


  • Posted by lalala187 at 13:25Comments(0)雑記

    パーティシーズンにぴったりのiPadアプリ

    2011年12月06日

    忘年会やパーティの続く12月。今週末には、高校の同級生と年に一度の集まり。12月になっちゃったから、プレゼント交換でもやる?ということになり、その方法…つまりお店の予約も企画も、私が担当になってしまうのですが…(^_^;)

    それはさておき、プレゼント交換に使えそうなiPadアプリはないだろか…と探したところ、ありましたよ♪すごいですね~ホントに。
    その名も「フルフルポッキー」。パーティシーズンに大活躍しそうなアプリです。



    これがメニュー画面。ご覧のとおりですが、一人を選ぶ、ペアを作る、数字を選ぶ、ゲームなどがあり、今回、使おうかなと思ったのが数字を選ぶメニュー。
    集まった人数(48人まで設定可能)を設定し、数字だけじゃなく、フリーワードもいれることができます。番号の若い順からプレゼントを選ぶもよし、プレゼント主の名前を入力してもよし。



    また、このフリーワードに何かいれて、ゲームをやってもいいかな^^

    友達同士はもちろん、家族との団欒でも、おもしろいんじゃないかな。ゲームはいたってカンタンで、数本の長さの違うポッキーが出てきて、長い順からタップしていくというもの。早くできた順から、スキなケーキをとるとか、楽しみながらやれそう♪

    ペアを作るなんていうメニューは、今流行りの婚活パーティとかのゲームにも使えそうだし。宴会大好き人間としては、コレひとつで、あれこれ考えるのが楽しくなってしまいます♪

    ごく普通のビンゴは、今年の新年会でさっそく大活躍してくれました。iPadは、オン・オフ問わず、使い道がいろいろ。便利なだけじゃなくて、コミュニケーションをとるのにも、役立つ道具ですよね。

    その他、三角くじだったり、ガラガラのくじ引きだったり、いろいろありましたね。
    こういう材料を作ってる業者さんは、時代の変化を察知しているだろうか…とちょっと心配になるくらい。

    売り出しとかのくじ引きもデジタルになる日は、そう遠くないかも。だって、無料か、数百円で材料がそろってしまうんだもん。

    時代の変化に、対応していくかどうか。そのアンテナを持てるかどうかって、大切ですね。わからない、知らない、ついていけないじゃなく、知る努力、ついていく努力は、それなりに必要な気がするかな…と、ワクワク♪したと同時に、商工会のお仲間に、このことを伝えていかねば…と思ってしまいました。

    ま、とにかく、今年のパーティにはオススメアプリですし、iPhoneも対応してます。インストールしておいて損はないと思いますよ~。
    「フルフルポッキー」のサイトはこちら→http://pocky.jp/download/furufuru/index.html  


  • Posted by lalala187 at 21:39Comments(0)iPad/PC

    小平ブログ&動画村

    2011年12月02日

    今日は、小平市いきいき協同事業として展開した、ブログ塾、動画塾の参加者による自主勉強会と交流会。



    参加者から活発な質問や意見交換が繰り広げられ、さらに動画の講師を務めてくださった百田さんが著作権などについてわかりやすく説明してくださいました。

    SNSの普及、YouTube、Ustream、個人が自由にメディアを持てる時代。著作権、肖像権と言った知識が普通の人にも必要になってきたようですね。

    ただ、今日感じたことは、一般の市民の方が、自分の趣味だったり、暮らしの中のさりげない感性を作品にするのに、あれはダメかな?これはどうだろう?と言ったことが先になってしまって、作品が小さくなってしまわないかな?ってことが、ちょっと心配。

    今月の6日から、いきいき協同事業の仕上げとして展開するのが「こんなに大好き、こだいら50選」。市民が感じる小平の魅力を写真と動画で応募するコンテストです。

    私も、普段よりちょっと違う目線や感覚で、魅力を探り出そうかな~と企んでいます。
    くわしくは、5日の小平市報にも掲載されるようです。また、企画運営をしている、マイスタイル@こだいらのHPでも応募方法などが紹介されますので、ぜひ、ごらんくださいネ。

    http://mystyle-kodaira.net/  


  • Posted by lalala187 at 22:53Comments(0)雑記

    本日のお気に入りデザイン~手前味噌編

    2011年12月02日

    いろんな資料やイメージのヒントを探っているときに、おっ♪と思ったものを「本日のお気に入りデザイン」としてfacebookにて発信しておりますが、国立の、洗練された地域ブランド認定制度「国立スタイル」にちょっと刺激されまして…。

    今年の秋、八坂のダイエーにて開催した、コダイラブランド販売コーナーの設営で、即興で作ったポスター。デザインというよりは、このコピーはとても気に入っているのです。


    都からの予算で展開している事業。補助は3年。今年は、たまたま市から応援していただいて事業運営をしている「コダイラブランド」。
    少々、辛口になりますが、かなり昔から、補助のあるときは運営していても、切れたらそのまま…というものがたくさんあります。

    予算があるから、やるのではなく、事業者活性化を果たすためにやるもの。という私の常識が見事に覆されることが多々あった8年間でした。

    このコダイラブランド事業も、この先、どうなっていくのか、とても不安な気持ち。私は委員でもないので、口出しもできない立場ですが、関係者の方には、どうか、「真ん中に愛のある暮らし。」というコンセプトを、継承していく方向性をとっていただきたいと願うばかりです。

    それは、地域愛、家族愛、友情、仕事への情熱、こだわり…。「真ん中に愛のある暮らし」の具現化は、時代が抱えているたくさんの課題解決の原点にもなるような気がします。

    小平は、国立のようにお洒落で洗練されたものは、少ないかもしれないけど、小平ならではの魅力、地域力がきっとあるはず。地域の活動を通して、いろんなカベや矛盾を感じつつも、私は小平にきてよかったと、心から思える今日この頃です。
      


  • Posted by lalala187 at 01:30Comments(0)こだいらLove